フェイシャルエステで味わう贅沢な時間

フェイシャルエステで味わう贅沢な時間

美肌には憧れるものの、日常のスキンケアといえば化粧水と乳液をさっとつける程度。元来肌が丈夫なため、それでも大きなトラブルになることはありませんでした。ところが、数年前、冬の寒さが厳しかったせいか、春先に肌がカサカサになってしまったのです。数日後には子どもの卒業式が控えていました。式の主役は子どもですが、親もピシっとした格好をする以上、肌も整えておきたいもの。そこで、思いきってフェイシャルエステに行ってみることにしました。「エステ」と名のつくところに行くのは初めてのこと。楽しみ半分、恐れ半分といったところでした。メイクを落として、蒸しタオルで肌を温めてから、フェイシャルマッサージに移ります。エステのプロの手によるマッサージは心地よく、時間とともに肌がやわらかくなっていくのがわかる気がしました。目元や頬などカサカサだった部分がしっとりと潤い、卒業式にも間に合わせることができました。1回でかなりの効果が得られたのは、ふだんの肌ケアがいい加減だったからというのもあったかもしれません。フェイシャルエステ体験で感じたのは、いつになくリラックスできたことでした。肌の手入れは自宅でもできないことではありません。しかし、自宅でマッサージやパックをすると、どうしても「テレビを見ながら」「本を読みながら」「お風呂に入りながら」と、何かをしながらになってしまうのです。エステでは肌の手入れ以外にすることはありません。しかもエステティシャンにおまかせで、自分はゆったりとしていられます。そんな贅沢な時間は、なかなか作れるものではありません。仕事と家事で忙しい毎日、エステでストレスから解放される時間を過ごすのも、美肌づくりには欠かせない要素かもしれません。

新着情報

おすすめサイト

関連情報